実印に使われる黒水牛は、いつが買い時か

象牙の実印が欲しければ、今後は値段が上昇する可能性もあります。
つまり在庫が無くなり次第、作れなくなるからです。
では黒水牛ならどうなのでしょうか。
そもそも実印の買い時はあるのでしょうか。
実印は、通常ならば一生使うものだからです。

値段の変動はあまりない

よほどの天変地異が起きない限り、水牛が絶滅することはないでしょう。
少なくても家畜として飼育すること可能です。
そういう意味では、黒水牛の値段が急騰することは考えにくいですね。
逆に技術発展や新たなビジネスモデルによって値段が下がることはありえます。
とはいえ政府は物価上昇を目指しています。多少の値動きは無視できません。
それでも総合的に捉えれば、今後も値段の変動はあまりないと言えそうです。

成人になった時が買い時のひとつ

個人的に実印の買い時はいつでしょうか。
実印が扱えるのは成人だけです。
そういう意味では成人式や就職時のお祝いに、実印は重宝するでしょう。
銀行印も必要になるので、併せて作ることをお奨めします。
ほとんどの人は実印を一生使い続けます。
そのため相応の材質を選びましょう。
とはいえ新社会人なら高すぎず安すぎずです。
象牙は分不相応かもしれません。
結果的に黒水牛辺りがリーズナブルなのでしょう。

人生の転機も買い時

人生にはいくつかの転機があります。
そのケースで実印を作り変えることもあります。
運気という観点でも有効でしょう。
これまでは安物の実印だったけど、これを機会に黒水牛を手にする!
そんなパターンもありそうです。
値段は安くても重厚感を得られるのが黒水牛の特徴です。
大人としての品格を与えてくれます。

若くても高齢でも

黒水牛の値段が大きく変動する心配はありません。
ならば必要な時に揃えるのがベストです。
成人時はひとつのきっかけです。
若くても高齢でも、黒水牛なら目立ちすぎません。
かつ安っぽすぎることもありません。
黒水牛は、いつでもあなたを待っています。

関連する記事